骨董品は付属品も価値があります

骨董品はその品物だけに、価値が出る訳ではありません。もちろんメインとは骨董品その物ですが、その品物を入れていた桐箱のような物も価値があるのは忘れないようにしましょう。陶芸品や古美術品、掛軸や玩具に関しては、箱や袋や包み紙、袋などに入っている事が多いです。購入をしたら捨ててしまいたくなりますが、残した方が良いでしょう。使用をしたり、飾ったりするにしても、様々な付属品は保管しておく必要があります。どうしてかと言うと、骨董品の付属品は保証証の代わりになるからです。だから、付属品があるだけでも買取価格に大きな影響を与えますので、捨てないように注意をしなければなりません。陶芸品等ですと、入れている箱に作者の名前等が書かれているケースもあります。だから付属品も作品の1つと考えておくと、なかなか捨てる気持ちにならないのではないでしょうか。少しでも高い査定額を出したいのでしたら、付属品が無いかどうかチェックをしておくのが肝心です。

骨董買取専門【福ちゃん】骨董品買取/古美術買取(陶器・茶道具・絵画・掛け軸)